カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

多忙につき・・・

お彼岸の墓参りも出来ず、このまま4月10日頃まで仕事三昧になりそうです。
年度末と月末の忙しさに追われています・・・。春はとにかく忙しい(実感)。
あとどれだけこなせば一旦終わるのか???と悩むほどの仕事量です。

「もう帰る!」とか「明日は本当に休む!」とかをものすごく大きな声で言わないと、誰も気がついてくれません。
というわけで、少しの間ブログの更新も出来ないと思います。

桜の蕾が目立ち始めました。
昨年もお花見に行けなくて、息子の大ケガでバタバタした春でした。病院に向かう途中で見た東京の桜の美しさは今でも目に焼きついています。

ゆっくりと桜の花を鑑賞できるなんて随分先の話かも。いつかの楽しみに・・・したいですね。
[PR]
by pure615 | 2008-03-26 23:28

風強し

今日は風が強くて、花粉もいっぱい飛んでいるような・・・出来れば外に出たくなかった一日でした。あちらこちらで咲くお花達を見れるのは幸せですが、やはり春は苦手です。

昨日はお休みで、前の職場仲間たちと映画「ライラの冒険」を観てきました。
3部作というだけでわくわくします。シリーズってなぜか惹かれませんか?(私だけ?)
不思議な言葉が沢山出てきますが、なんとなく理解して、映画の後にみんなで「不思議」を喋り捲って解決しました。
「勇気」をもらえる作品で、登場するキャラたちが愛らしいです!!ニコール キッドマンの美しさにも感激しますよ。

久しぶりの仲間達。「あ ・うん」で分かち合えるから安心感でリラックス。相手の心を探りながらなんてしなくてもよいのです。確かに年月も必要・・・あわてない、あわてない。
人のせいにしない、環境のせいにしない・・・自分に言い聞かせています。
[PR]
by pure615 | 2008-03-21 21:18

ガチャガチャ

昨晩は70年代の懐かしい歌を聞き惚れながら、お布団に入って休みました。

何時かわからないけれど、台所から「ガチャガチャ」と音が・・・。
睡魔が私を布団から出してくれない・・・。
首を上げて「何かしたの~?」と声を出したら、娘が「お皿割ったから片付けておくわ」って。
「ふ~ん、ありがとう」

ぎょえ~!!!!!
割ったって・・・・・・・・・。しかし起き上がれずそのまま寝てしまい、今朝に再びショックを受ける母ひろみ。アラビアが・・・。
最近家事一切を頑張ってくれている。私から「やってね」なんて言ったこともない。
ありがとう、感謝しています。でも、でも、どうしてアラビアのお皿なの・・・。
たしかこの前も・・・。

密かに食器棚のレイアウトを考えることにしょう。

さあ!今日はお堅い行政の研修だ!眠くなったらアラビアのショックを思い出そうか・・・。
行ってきます!
[PR]
by pure615 | 2008-03-17 08:01

ボブ ディラン

昨日の夜に「アヒルと鴨のコインロッカー」という映画のDVDを借りて観ました。
昨年、見損なっていたものでそれほど期待はしていなかったのですが・・・作品の中で何度も流れるボブ ディランの「風に吹かれて」が懐かしくて懐かしくて。

私が初めて彼の名前を知ったのは小学生の初めの頃。ガロが歌う「学生街の喫茶店」の曲中に出てくるのをしっかりと覚えていたのでした。

「君とよくこの店に来たものだ~理由なくお茶を飲み話したよ~♪」

ものすごく昔の歌なのに今でも歌うことができます。当時子供だった私には意味すらわからなかったはず・・・それでもラジオに耳を傾け口ずさんでいました。

あの頃の歌はよかったな~。「もう、寝なさい!」と叱られながら毎週見ていた「ザ ベストテン」が懐かしい。
あの時代を知っていることを嬉しく思うな~。当時はあまり好きではなかった大橋純子さんの「シルエット・ロマンス」なんて、今の歳で聴いたら泣けてくる。

f0127145_22502686.jpg


夜だというのに娘が買ってきたロールケーキ。いただきま~す。
[PR]
by pure615 | 2008-03-16 22:54

何を着ようかと悩むほど暖かい日が続いています。昨夜から降りだした雨もまだ止まず。
空気に霞がかかっていて、もうすっかり春ですね。

沈丁花は姿が見えなくても香りが場所を教えてくれます。桃の花の愛らしさに思わず微笑んでしまいます。
私にとって苦手な春も本番。気持ちが張りつめているせいか、大きな体調の崩れは心配なさそう。桜の開花を楽しみに、辛いことは忘れて乗り切っていかねば。

今日はお休みで映画「バンテージ ポイント」を叔母と一緒に観てきました。もやもやした季節にはぴったりのハラハラドキドキのアクション映画で面白かったですよ。
善い人にも悪い人にも「心」があって、愛する誰かのために生きているのだな~と感心しました。

「裏切られることが怖いから人を信じない」という人が私の周りにおりますが、やっぱり私は「信じる」ことから始まりたい・・・と心から思います。
[PR]
by pure615 | 2008-03-14 18:05

お楽しみ

苦手な仕事をやり終えた後って、安堵感でよろめきそうになりませんか?

まだまだ山積みなんですが、一山クリアーって感じです。
仕事帰りに映画のレイトショーを観に行こうか、天然温泉付のお風呂屋さんに行こうかとすごく悩んで後者を選びました。

ああああ~気持ちよかった~。体重を測ったら3キロ減っていて嬉しかった・・・しかし、油断は禁物。
お風呂屋さんのお楽しみはもうひとつ。

f0127145_21482161.jpg


メグ3姉妹??瓶入りの飲み物って美味しそう!1本¥120は安いですよね。
ゆっくりとお風呂で身体をほぐし、晩ご飯を食べていないことに気がついて。娘も家にいないし、マクドのドライブスルーで食べてみたかった「てりたまバーガー」のバリューセットを買って帰りました。いつもはハンバーガーとポテトのSで満腹なのに、今夜はぺろっと平らげてしまった。
感想・・・私は「月見バーガー」が好きかな。
[PR]
by pure615 | 2008-03-11 21:57

職場が近いと・・・

通勤時間が30分もかからないと喜んでいたのも束の間。ついつい、遅くまで残って仕事をしてしまう私。
「全然変わってない」と娘や友から怒られています・・・トホホ。
これはもう性分なんだと周囲の理解を深めていかないと・・・えっ、ちょっと違う?
SOSを出す頃は既にボロボロになっていることが多いらしく、早めに出すように注意を受けました。友からの具体的な分析をありがたく受け止めます。

好きな編み物も手につかず、読む本は仕事の関係ばかり、家事の一切を娘にしてもらい、着たい洋服もなく、どんな映画を観ても仕事に結び付けてしまい・・・。
あ~これって燃え尽き症候群の前兆じゃない???

ONとOFFって本当に難しい。

f0127145_21283930.jpg


球根を買い忘れてあきらめていたヒヤシンス。お花屋さんで水栽培のセットを見つけました。
開き加減はこんなもの??今年は寒いから少し遅いのかしら?
花が開いて玄関に香りが漂うのを気長に待ちましょう。
[PR]
by pure615 | 2008-03-07 21:38

卒業

今日から3日間の研修が始まりました。お勉強が盛り沢山で、家事が何も手につかない日が続きそうです。

そんなこんなで、娘の高校の卒業式も人事のようで申し訳ない・・・。許しておくれ~まあ、娘からは何も要求ないですが。
車の免許も知らぬ間に受かっていて、駐車場を借りる段取りも済んでいて、今年もお雛様を飾り忘れたことも責めるわけでなく(これは毎年)、4月からの準備も着々と進んでいて・・・。
かまってやれない母をどう思っているのやら。小さい頃から手がかからないまま、大人になっていきそうです。もしや、神様はそう甘くなくて・・・いつか爆弾を落とすのでは?などと変な心配をしてみたり。
何か問題?と考えてみたら、毎日イチゴを1パック買ってきて食べていること??そんなことどうでも良いしね~。

兄のことばかり心配していた母を許してくれてありがとう。優しい娘に育ってくれてありがとう。
いつか娘と二人で旅などしてみたいと思っています。

f0127145_18341496.jpg

[PR]
by pure615 | 2008-03-03 18:35

ご褒美第二弾

今日から3月。勤務の都合でお休みとなり、久しぶりに南堀江のSajiさんに行くことができました。
はい、お目当ては井藤昌志さんのSHAKERーBOXです。
数年前に初めて見たときから「美しい」と思っていました。ただ、使い道もなくオブジェのままではもったいないような気がしてなかなか購入する機会がありませんでした。

「好きな色」があったら・・・の思い。あらららら~好きな色ばかりで悩みましたわ。残りひとつになっている物はイベントが終わってからの引渡しとのこと。
どうしても持って帰りたかったので、「紺色」に決めました。本当は黒地に赤が塗っているのが欲しかった・・・。
どれもこれも凛としていて素敵でした。
サイズは「2」番。母の形見のアクセサリーを入れて大切にしまっておこうかと考えています。

f0127145_20215247.jpg


帰りに映画を観てきました。前売り券を買って楽しみにしていた「エリザベス:ゴールデン・エイジ」。同じ女性として切ない作品でした。国のために、女王として生きた人生の裏にある哀しみが伝わるシーンには涙が止まりませんでした。スペインに勝った理由が・・・だったのかなど。歴史物は勉強になりますね。
[PR]
by pure615 | 2008-03-01 20:41